出会い系サイトの「完全無料」は罠!?悪質サイトの実態とは?


出会い系サイトを検索していると、しばしば「完全無料」の文字を目にします。サイトに一切お金をかけずに出会いを探せるのは非常に良いことですが、しかしこの言葉には裏があることも少なくないのです。

すべての機能が0円と大々的に宣伝を行っているサイトに登録してみると、プロフィールページに「保有ポイント数」が表示されていることが結構あります。そのポイントはもちろん有料で、足りなくなれば課金しなければなりません。実質的には有料のサイトが、完全無料のサイトとして宣伝されていることもあるんですね。

もちろんそんなサイトはすべて悪質なわけですが、ではどうして、有料のものを無料と言えるのでしょうか。そんな嘘をついて法には触れないのでしょうか。その部分が気になって、私はそういったサイトの運営者に訊いてみたことがあります。返ってきた答えは、「最初の無料ポイントを使っているうちは完全無料です」というものでした。あなた新規登録者でしょう、ポイントあげたでしょう、それ使っているうちは無料なんだから文句言わないでよね。そういう意味なのだと思います。

確かに、この理屈で言えば、完全無料というのも嘘にはならないのです。しかし、月額制のサイトが、初月を無料にしているからといって、完全無料と言ってよいかというと、そんなことはないですよね。登録したこちらとしては、騙されたと思うはずです。無理もありません。だってそこには騙そうという意図があるのですから。

こういう嘘つきの出会い系サイトは非常に多いので、完全無料という言葉には騙されないようにしましょう。

本当に完全無料でも……

Mコミュという出会い系サイトは、完全無料の出会い系サイトとして有名です。無料でやっている出会い系の中にも、優良と言えるようなものは存在するんですね。しかしそれらのサイトにも、デメリットはあります。それは無料であるだけに、男性会員が非常に多く、競争率が高くて会いにくいということ。そしてその多数の男性を狙って、アドレス回収業者や他サイト誘導業者がまぎれこんでいるということです。

ある女性にメールアドレスを教えたら、とんでもない数の迷惑メールが届くようになった。あるいは直接連絡を取り始めたら、相手の女性が「このサイトでメールしてほしい」と言ってきた。そのような経験をしたことのある男性も多いのではないかと思います。それらはすべて業者によるものなのです。今や、登録するのにメールアドレスや電話番号が必要な出会い系サイトにも、多数の業者がまぎれこんでいます。それが無料のサイトであったらどうなるか。考えるとちょっと恐ろしいですね。

素人女性と連絡を取ることがまず難しいうえに、メールをしてもライバルがたくさんいて会いにくい。このことを考えると、やはり有料の出会い系サイトで出会いを探したほうが良さそうです。

有料といえどもサイトは選ぶ

ただし、有料サイトであることを正直に打ち明けているからといって、そこが良いサイトとは限りません。実際はそんなことないのに、自身のサイトの料金を「業界最安値」とか言って宣伝しているところもありますからね。

優良サイトの料金は、メールを読むのは無料で、送るのに50円ほどかかるというのが相場です。プロフィールや画像の閲覧、掲示板への書き込みなど、基本的なサービスはメール送信と同じか安いくらいとなっています。連絡先の交換も無料ですし、3000円もあればかなり長いこと遊べるでしょう(関連記事をご参照下さい→せふれ検索方法)。

悪質出会い系サイトは、上に紹介してきましたように、会員をなんとか獲得するために大げさな宣伝を打つ、ときには嘘までつくことがあるわけです。悪質サイトに登録してしまうと、サクラばかりで会えるわけもなく、お金と時間を無駄にするばかりです。そのサイトが優良か、それとも悪質か、きちんと自分で見極められるようでないと、出会い系で出会いを探すことは難しいかもしれませんね。料金のことだけでも、登録前に必ず確認するようにしましょう。